スポンサーリンク

音質で映像クオリティーが変わる!

最近、低予算番組等の仕事で音声トラブルが多発している。僕に関係のある現場だけでなく、周囲の現場でも多発しているそう。

原因は音声に関して知識が全くないプロデューサーが簡単に音声の予算をカットしてしまうのが原因。事故が起きて後から対処しようとして余計にお金がかかり、「こんなんじゃあ予算オーバーだ」と(笑)。なんでプロの音声さんやMAさんがいるのか考えたことがないのだろうか。

以前僕が編集していて、現在は他の制作会社が担当している某番組がある。その番組は低予算番組なので、いろいろな部分をカットしなければならないのはわかるが、この制作会社も音声に関する部分が完全に手抜きになっていて、ナレーション一つとっても音がショボくなっていて、その為にローカル感丸出しになっている。とても残念に感じる。

もちろん、映像も照明も全てが大事なのだが、音を簡単に考える人が多くて正直びっくりだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする