スポンサーリンク

4K60P撮影が可能な業務用ビデオカメラ、PXW-Z280とZ190のすみ分けについて!

最近頂いたコメントで、下記のようなご質問がありました。
「ほぼ同時期に発売されるPXW-Z280との住み分けはどのようになるのでしょうか? ズームを考えればZ-190一択なのかもしれませんが、渡辺さん的にこの撮影方向性の方は280・こっちなら190というのはありますか? PXW-Z280に対する発言動画も観てみたかったので。」

まずは両機の主な違いを比較してみました。

一番大きな違いは使用するメディアで、どのような使い方をするにしても影響が出ます。
また、撮影方法によってはズーム倍率、ボリュームダイヤルの数、S-log記録なども影響があるかもしれません。

両機ともHLG収録は可能ですが、Z280はそれにプラスしてS-Log収録も可能、ここで差がでるのはどのような場合か?
HDRにはHLGとPQという2つのガンマがあり、放送用途HLG、ネット配信や今後発売されるであろう4KブルーレイはPQということになります。S-Log収録をしておけば後からPQにすることもHLGにすることも可能という部分で、HDRで完パケることは決まっているが、HLG、PQどちらの形で世に出すのか決まっていない場合はS-Logで収録してポストプロダクションの段階で決定することが可能になります。

今回の両機については動画で意見を述べさせて頂いてますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする