お知らせ オンラインサロン カラーグレーディング

撮影に失敗した素材のカラーコレクション

投稿日:

年に1回から2回、撮影に失敗した素材のカラーコレクションの依頼(修復依頼)があります。どのような状態かといいますと、ほとんどが撮影現場の照明のセッティングの失敗によるものです。

照明の失敗といってもいろいろありますが、例としては

・演者に直接照明をあてている
・窓があり、撮影している最中に明るさが徐々に変化していく
・各照明の色温度がバラバラで、編集をすると色が違くて繋がらない
・一部が白とびしている

などです。

完全に白とびしてしまった映像に関しては元に戻りませんが、その他に関してはかなりの修復が可能です。

修復の手順ですが、

1.映像をよく観察して問題を洗い出し、解決方法を考える
2.プライマリーカラーコレクションをする
  (画面全体の明るさと色の調整)
3.セカンダリーカラーコレクションをする

となります。

と驚かれる方もいるかと思いますが、普通のカラーコレクション(グレーディング)の手順とあまり変わらないと思われるかもしれません。ですので付け加えますと、この1番が凄く重要で、問題を全て把握する知識と経験、そして解決できるだけの技術の引き出しの数でクオリティーが変わります。そして、1番~3番を繰り返したり、順番が逆になったりするのが通常のカラーグレーディングと違うポイントとなります。

ちなにみ編集ソフトに関しては、EDIUSだけでできるものもあれば、Davinch Resolve studioでなければできないこともあります。Davinchは無料版でも95%の機能を使用できますが、修復には残り5%の機能を使うことが多々ありますので、修復をされる方は有料版をお勧めします。

☆Blackmagic Davinci Resolve14 Studio ライセンスキーアイテム
 https://amzn.to/2ENEoVm

また、基本的なカラーコレクションの知識が重要になりますので、このブログにもリンクを貼ってあります「カラーコレクションハンドブック」はお勧めです。

ここからは告知になりますが、明日10月28日(日)15:15~渋谷にて当方が主催している「映像編集サロン」のオフ会がありますが、上記の修復グレーディングについて、実演もする予定ですので、興味のある方はチェックしてみてください。
https://metalzombi.theshop.jp

-お知らせ, オンラインサロン, カラーグレーディング

Copyright© 動画編集 METALZOMBI STUDIO , 2019 All Rights Reserved.