オンラインサロン 音声収録

ワンオペ撮影の音声収録で失敗しないために!

投稿日:

本日、渋谷にて当方が主催している「映像編集サロン」のオフ会があり、下記内容について参加されたメンバーと話をしました。(順不同)

ワンオペ撮影の際の音声収録(マイク選定と設定)
・ステレオマイクとモノラルマイク、野外ではステレオがいいの?
・編集ができるとドローン撮影も上達する?
・編集作業に対する、よくある誤解
・商品やサービスを売るための動画作り
・プロが使う三脚
・代理店が入ると低予算であることをクライアントは知らない。
 それが原因で起こる問題
・今後の映像業界の仕事はどうなるの?
・サウンドライブラリーの素材がしっくりこない、そんな時どうする?
・クライアントの無茶ぶりな要望にどう答える?
・よく見かける照明の失敗例

今回のブログでは一番上の「音声」についてやってみたいと思います。

音声収録はビデオグラファーの方の多くが悩むことでもあり、失敗された方も多いかと思います。失敗例はいろいろあると思うのですが、

・カメラの内臓マイクで収録した為、ノイズも多く、声が遠くなってしまった
・ピンマイクを使用したが、絹ズレの音が入ってしまっている
・音が割れている
・単一指向性の高性能マイクを使用したが、想像通りの音になっていない
・マイクの選定を間違えてしまった
・著作権に引っかかる音楽等が背景で流れている

などなど、キリがないほど失敗例はあるかと思います。それらの主な原因は単純で、映像作品を作る人は映像(見えるもの)を先に勉強し、音声の勉強をしていない、もしくは失敗してから勉強を始めるからです。そして何をどこで勉強していいのかわからない、というのが悩みになっているんだと思います。では解決の手がかりになればと思いますので、音声収録する際に考えなければならない事をお伝えします。

・収録する場所(室内or室外)
 →室内だとしたら反響があるのかないのか?
 →反響があるとしたら編集で消せる程度の反響音なのか考える
・収録するのは何なのか?
 →環境音のみ、インタビュー、対談
・理想の音のイメージを明確にし、収録機材を選定する
 →ガンマイク、ピンマイク、バウンダリーマイク
 →マイクを選んだら、そのマイクの指向性と使い方の確認をする
・収録方法が確定したら、同じような環境でテストする

上記のことを試してみるだけで音声収録の失敗は防げると思いますので、悩んでいる方は是非考えてみてもらえたらと思います。また、今回のオフ会の様子は撮影しておりますので、近日中に「映像編集サロン(会員制facebook)」にアップします。その他にも50本以上の映像コンテンツがアップされてますので、興味のある方はチェックしてみてください。

https://metalzombi.theshop.jp/items/11981393

-オンラインサロン, 音声収録
-, , ,

Copyright© METALZOMBI STUDIO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.