オンラインサロン会員募集中詳しくはこちら

おすすめ書籍一覧

目次

カラーコレクションハンドブック

1番のおすすめが、こちらの「カラーコレクションハンドブック」。

世界で活躍するトップクラスのカラリストたちのアイデアや意見なども集めて作られた一冊。

著者はDaVinci Resolve の解説書などを書いているAlexis Van Hurkman氏。

監修には映画:ワイルドスピードやテイラースウィフトのMVなども手掛けるDave Hussey氏。

その他には映画:トゥームレイダーなどを手掛け、来日してセミナーなども行っていたGiles Liberty氏なども参加。

当方が知る限り、カラーを正しく基礎から学べる本はこれ以外に存在しない。

価格は7,480円と高額に感じられるかもしれないが、10倍の値段だったとしても安いくらい価値のある内容である。

Amazon

カラーグレーディング 101:映像制作における色調補正の基礎

著者はTVを中心に活躍してきたカラリスト:Charles Haine氏。

技術以外にも仕事の進め方やリール(ポートフォリオ)作成でやってはいけない事など、カラーグレーディングの仕事をしていく上で必要な事など幅広く書かれている。

Amazon

図解だからわかりやすい映像編集の教科書 (玄光社MOOK)

ベテラン編集技師・井上秀明氏の著書。

編集が学べる数少ない書籍。

Amazon

映像編集の技法 ~傑作を生み出す編集技師たちの仕事術~

  • スターウォーズ
  • パイレーツ・オブ・カリビアン
  • タイタニック
  • ターミネーター
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
  • ワイルドスピード シリーズ
  • グラディエーター

等々、数多くの一流作品を仕上げた50名を超える編集技師たちの100時間を超えるインタビューを編集した書籍。

“本物”の編集マンたちの考えや現場を知ることができる貴重な書籍。

少し編集室の写真なども掲載されています。

Amazon

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・ディレクター|編集|カラリスト
・DaVinci Resolve17 認定トレーナー
・映像音響処理技術者

編集実績は映画・地上波バラエティー番組・MV・コンサート・CM・グラビアなど多数。METALZOMBI STUDIOの他に、株式会社スリーケットでも編集・カラーグレーディングを担当している。

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
TOP
目次
閉じる