オンラインサロン会員募集中詳しくはこちら

EDIUSとDavinci Resolveがうまく連携できない場合の対処法

EDIUSで編集してDavinci Resolveでカラーグレーディングをする。

・EDIUSで編集
 (AAFファイル)
・Davinci Resolveでカラーグレーディング

このような使い方をされる方は多いかと思います。

僕自身も良く行っている作業です。

今回はこの連携時にまれに起こるトラブルについて、対処法と合わせてご紹介したいと思います。

目次

Davinci ResolveでAAFファイルを読み込んだ時におこるトラブル

EDIUSで編集してDavinci Resolveでカラーグレーディングしようとして、Davinci ResolveでAAFファイルを読み込んだ際に、ときどき元の映像データが再リンク(コンフォーム)できないというトラブルが発生します。

やっかいな事に、この状態になるとどうやっても再リンク(コンフォーム)ができないパターンが多いです。

対処法を2パターン紹介

そんな時は以下の方法で連携させることが可能です。

方法は2パターンあります。

ただし注意事項として、S-Log や Blackmagic RAW の素材をそのままRec.709で書き出してしまうと全ての情報が失われてしまうので、基本的にはRec.709で撮影された素材に限り使える対処法となります。

対処法2パターン
  • EDIUSで1本の動画として書出し、その映像データをDavinci Resolveのメディアページで右クリックし「シーン検出」して取り込む。
  • EDIUSで1本の動画として書出し、その映像データをEDIUS上で分割してからAAFで書き出す。

詳細な手順については文章での説明が難しいため、上記の解説動画(06:48~)を参考に作業してみて下さい。

動画の冒頭では通常の連携手順も実演していますので、「EDIUSで編集してDavinci Resolveでカラーグレーディングする時の手順を知りたい」という方もぜひご覧ください。

その他EDIUSの情報については以下でまとめています。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・ディレクター|編集|カラリスト
・DaVinci Resolve17 認定トレーナー
・映像音響処理技術者

編集実績は映画・地上波バラエティー番組・MV・コンサート・CM・グラビアなど多数。METALZOMBI STUDIOの他に、株式会社スリーケットでも編集・カラーグレーディングを担当している。

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる